トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴



AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」
ネジ
ホームセンター等で売っている物で代用できる場合もありますが,内装やエアロ関係,アンダーカバー等に使用されているネジは通常手に入りません.こういったネジは部品共販に注文することになりますが,手間と時間がかかります.
こういったときに便利なのが,ネット通販(購入先)で,同等の物が部品共販より安く手に入ります.

M3.5ネジ
ワイパーアームにワイパーを取り付けるネジは M3.5 という珍しいサイズの物です.このサイズのネジは電気配線用の端子台によく使われていますが,手に入ったとしてもニッケルメッキや金メッキ仕様の物で,ワイパー用の黒い色の物はなかなか目にすることがありません.以前はこちらのホームページから ばら売り で手に入れるのが出来ましたが,今は 箱売り のようです.
 (組込み小ネジ→組込みナベ小ネジSW,小W付,黒アエン)
2000個とかあっても困るので,こちらのネジは素直に部品共販で注文するのが無難です.しかし...
 フロントワイパー用 90099-00955 160円/個
 リヤワイパー用   90099-00913 120円/個
と,信じられないような値段設定です.注文はたぶん まだ出来ます.


使用して便利だったネジ (購入先

ネジの種類 特 徴
カレイナット 薄板や溶接が困難なところに圧入でナットを取り付けられます.DIYにはもってこいです.
ウエルナット ゴム製ブラインドナット.防振,絶縁,シール効果があります.
レニーのボルト・ナット等 エンプラの中で最も大きい強度・弾性率があり,耐油性・耐熱性にも優れる.金属の代替材料としていろいろな機器に用いられています.

カレイナットの圧入方法

金づちで叩くようなやり方では,反動で跳ね返ってしまいますし,圧入する母材も変形してしまいます.
母材が取り外せる場合は,
母材が取り外せない場合は,
  • ナッターで圧入.
  • スペースが無くナッターが使えない場合は,取り付けるカレイナットの反対側からボルトにナットを通した物をねじ込み,ナットをレンチで固定したまま,ボルトを締めることで圧入出来ます.
    使用するボルトとナットは,カレイナットの材質に合わせるか,カレイナットより強度のない物を使用します(もちろん圧入する母材よりは強度が必要です.).強度の弱い物の場合は,使用したボルトとナットは変形している可能性があるので再利用しない方が無難です.
接着剤
パネルボンド (購入先
現在はいくつかの会社が製品を販売していますが,有名なのは3Mの8115オートミックスパネルボンドです.
鉄板,アルミニウム,FRPに対する接着強度,耐久性に優れています.専用のハンドガンとミキシング・ノズルが必要になります.常温では固まるまで45分程度あるので,ちょっとだけ使用したい場合は,ノズルを使わずに手で混ぜ合わせて使用することも出来ます.

メグロ化学工業 メグミックス
 (購入先
PP(ポリプロピレン)用におすすめな接着剤剤です(PPにはプライマーが必要です).
最近はホームセンター等でもPP用として売っている物がいくつかありますが,ゴム系の物は耐熱性が無いので,注意が必要です.右のようにいろいろな樹脂に使用できます.速乾タイプと遅乾タイプがあります.

メグミックスが便利なのは盛って成型することが出来るので,隙間を埋めることが出来るのと,速乾タイプでは硬化時間が非常に早いため,手で固定するだけですむことです.10秒くらいで硬化し始めるので,何カ所か接着したい場合は下準備をしっかりしておく必要があります.また,ミキシング・ノズルはたくさん用意しておいた方がよいです.

ブレニー技研 GM-8300 (購入先
パテ状のエポキシ樹脂で,
 -40度〜220度と幅広い温度域で接着力がへたらない.
 熱サイクルに強い.
 磨くと金属光沢になる.
 機械加工が可能.
という特徴があります.少量利用に適しています.ハンマーで叩く等の衝撃力には弱いので,使用する場所によっては注意が必要です.

3M スプレーのり111
ダッシュボードの布を貼るのに使用しました.
オーディオ関係で,レザーを貼るのに使用するゴム系の物は通常40度くらいで柔らかくなってはがれてきます.ダッシュボードは炎天下で80度くらいになるため,耐熱軟化点150度のこのボンドがおすすめです.

セメダイン スーパーX
硬化するのに時間がかかりますが,金属からゴムまで幅広く接着できます(速乾タイプでも結構時間がかかります.).
硬化してもゴム弾性を保つため,エンジンマウント強化用の隙間埋め,金属表面にゴムがコーティングしてある部品の補修に使用できます.-60度〜120度の耐熱性があり,屋外使用での耐久性もあります.
色もホワイト,ブラック,クリアと 3 色あるので,場所によって使い分けることが出来ます.

右のラジエータ サポート アッパー は上下の金具の間を スーパーX で埋めてあります.最初,スーパーX を点付けして,位置あわせをします.硬化して位置が決まった後,底面,側面にセロテープを貼り,間にスーパーX を流し込みます.隙間が狭い物の場合は楊枝や竹串等を利用して少しずつ空気が残らないように埋めていきます.
空気中の水分と反応して硬化する接着剤なので,埋める部分が大きな物の場合は,ある程度硬化させながらゆっくり埋めていくのがコツです.
エンジンマウントの様な大きな物をいっぺんに詰めると完全硬化に 1 週間くらいかかります.

セメダイン 耐火パテ
1100度の耐熱性を備えたパテです.不燃性.ランプ部品やブロアレジスタの固定等に使いました.(ブロアレジスタの2008年10月更新に注意事項があります.)
完全に硬化した後では黒煙などを発生しませんが,硬化前に熱を加えると出ガスがあるようです.ランプユニット等の閉空間で使用する場合は,あらかじめ熱を加えて完全に硬化させる必要があります.








【 メグミックス素材適応表 】
ABS:アクリロニトリルプタジエンスチレン共重合体
EPDM:エチレンプロビレンジエン三元共重合体
FRP:繊維強化プラスチック
GRP:ガラス繊維強化プラスチック
PA:ポリアミド(ナイロン)
PBT:ポリプチレンテレフタレート
PC:ポリカーボネイド
PE:ポリエチレン
PP:ポリプロピレン
PPO:ポリフェニレンオキシド
PRIM:ガラス繊維強化反応射出ウレタン
PU:ポリウレタン
PUR:反応型ポリウレタン
RIM:反応射出成型ウレタン・ポリユリヤ
SAN:アクリロニトリルスチレン共重合体
SMC:シートモールディングコンパウンド
TPO:サーモポリオレフィン
TPU:熱可塑性ポリウレタン
UP:不飽和ポリエステル

内装に使われているプラスチック部品はABS,PP が多いです.ダッシュボードは SAN です.





薄型にするために作った
ラジエータ サポート アッパー

      ラジエータ サポート アッパー
隙間を埋めてから約 10 年経った
フロント エンジン マウント

      約 10 年経った フロントエンジンマウント
工具
使用頻度を考え,滅多に使わない工具が必要な場合は,ディーラーに作業を依頼するようにしていますが,それでもかなりの工具がそろいました.
ここではその中でも,持ってて良かったという工具のみ紹介します.


ピックアップ ツール
落とした部品を拾う時に使うフレキシブルシャフトの物.マグネット式の物とツメで挟む物の2種類があります.


ターボソケット
錆びついたネジやナメてしまったボルトを外すときに使用するソケットです.とれないネジを外すのに逆タップを切ったり,マイナスネジを作る等いろいろな方法がありますが,加工をするスペースが確保できない場合の方が多いと思います.ターボソケットが使えるなら,これが一番簡単で確実です.


ホース リムーブ プライヤー購入先
ゴムホースが固着して外れない時に,役に立ちます.


ハスコー 遠隔ホースバンド プライヤー購入先
狭いエンジンルームで,↓のホースクリップ プライヤーが上手くつかめない場合でも,役に立つ優れものです.


超音波カッター購入先
プラスチックを簡単にカットできます.ノコギリで切るのと違い,裏側に刃先分のスペースが必要ないし,切りくずも出ないので,カットする面の裏側(内側)が汚れません.部屋の中で作業をしても,掃除が簡単だし,静かなことも良い点です.ダッシュボード加工の時に多用しました.


ロックペイント カン オープナー購入先
しばらく使用していなかった塗料やパテ,樹脂等の入ったカンを開けるときに,マイナスドライバーを使うとフタだけが変形して開かない場合がありますが,これを使うと簡単に開けられます.安くて簡単な工具ですが,便利な一品です.


コンターゲージ購入先
型紙を作るときに便利なツールです.

このホームページ内で自作している物の多くは,厚手の広告,工作用紙,段ボール等で型紙を取ってから作っている物です.図面があるわけではないので,現物を計測してから作り始めます.目分量で何回か作り直しながら,最終的な型紙が作れる物も多いですが,正確に作らないといけない場合もあります.
例えば,ブレーキキャリパーサポートを作ったときに,ホイールとキャリパーのクリアランスを確認するために作った型紙( ホイールの内側にはまる型紙:ローターとキャリパーの位置関係の確認用 )などです.こういった物を作るときに便利なのがこのツールです.
ついでに,リヤブレーキのキャリパーサポートを作ったときは,最終的にアルミの板で型を作り,位置を確認してから製作を依頼しました.


番外編

KTC ホース クリップ プライヤー

ホースクリップを外すのに便利なのは言うまでもありませんが,なんと言っても品番が AE92 なんです.簡単にアクセスできるホースバンドの場合は↑の遠隔ホースバンド プライヤーよりも扱いやすいです.
ピックアップツール
ピックアップツール
ホース リムーブ プライヤー

遠隔ホースバンドプライヤー

カン オープナー


コンターゲージ
コンターゲージ
KTC ホースクリップ プライヤーホースクリッププライヤー AE92
Home へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る
断熱材・防音材
サーモテックやビリオンから販売されている専用の物以外では

断熱材の種類 耐熱温度
グラスウール 〜800 度
カーボンフェルト 〜250 度
ニードルフェルト 〜150 度
3Mシンサレート 〜120 度
エプトシーラ 〜100 度
東レ ペフ 〜 80 度

といった感じです.
カーボンフェルトは電気を通しますので,注意して下さい.
金属材料
通常,ホームセンター等で購入する物には詳しく書かれていませんが,加工を依頼するときには指定しないと作ることが出来ません.分からない場合は業者に使用する場所を説明すれば,適した物を教えてくれると思います.

アルミ
特別に強度が必要な場所でないなら,板の場合 A5052,丸棒の場合 A5056 で問題ないでしょう.使用する場所によっては,耐食性を良くするために,アルマイト加工等の表面処理が必要な場合もあります.

アルミの場合,鉄と違って振動を繰り返せば繰り返すほど,弱い振動でも疲労破壊するようになります.設計時からこれを念頭に置き,疲労破壊しにくい形状にしたり,壊れたときに他へダメージが及ばないようにしておくことが重要です.問題がありそうな場合は重量増加や加工も大変になりますが,鉄やステンレスを利用した方がよいです.


鉄を指定して作る物はあまりないと思いますが,リヤ ブレーキ キャリパー サポートを S45C で作りました.メッキ加工が必要になります.

ステンレス
車関係で使用する場合は SUS304 で問題ないと思います.
樹脂材料
材料が同じでも微妙な成分の違いから,製品によって耐熱温度は異なっています.

通常,ホームセンター等で手に入る材料で使用できる場所は

材料 使用出来る場所
ポリプロピレン(PP),FRP エンジンルーム,車内,車外ともにOK
低発砲塩ビ,硬質塩ビ ボディ下部(ラジエータの排熱が直接当たるような場所は不可)
ABS,アクリル 車内,車外ともにOK

といった感じです.