トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」
トレノの現状
現状について

平成2年式のAE92トレノ(後期型 Apex Limited)なので,かなり古いですが,

  •  AE86までと違い,ボディが錆びない.
  •  バブルの時期の車なので,内装や装備が豪華.

といった特徴があります.
現状で純正と大きく変わっている点は

  • Freedomコンピュータで制御
  • 6速ミッション(C160)載せ替え
    (車検と一緒にTTC芝浦工場にて載せ替え.品川の陸運局では構造変更の必要はなかった.その後,土浦の陸運局でも問題なし.)
  • エンジンルーム内のレイアウト変更
  • ブレーキ大径化

といったところです.

外観上はほぼノーマルですが,ディーラーにも驚かれるほど手が入っています.
なるべく元のデザインと統一するように作っているため,92に詳しい人でも気がつかないことが多いです(←ちょっとつまらない).

後期 Apex Limited は限定2000台の特別仕様車です.


改造に当たってのコンセプト

現在は街乗り快適仕様の方向で,手を加えています.基本的にデザインは気に入っているので,外装,内装ともに全体的なデザインを損なうことがないようにしています.また,改造する場合は,そのまま車検に通るように心がけています.

ほとんどのことは自分で行っていますが,必要となるSSTや,手間との兼ね合いで,ディーラーに依頼する場合もあります.また,見過ごしている部分の確認も兼ね,2年ごとの車検はディーラーに頼んでいます.


いろいろと手を加えているとディーラーで見てもらえないなどという話も聞きますが,店舗によって対応が違うようです.ただし,文句を言っている人の多くは中途半端な改悪になっている場合が多いです.

「自己責任」が問われる時代です.
避けようのない不慮の事故でもいやなのに,整備不良や不法改造が原因の事故に巻き込まれたのではたまったものではありません.また,自分がそのような原因とならないために,

自分で出来ること と 出来ないこと をしっかり切り分ける

ということが重要だと思います.
後期トレノCM
「黒のトレノが躍り出る」
オフ会で教えて頂いたトレノのCMです.YouTube へのリンクになっています.
トレノCM


Apex Limited カタログ
著作権の問題があるので,縮小表示のみです.
Apex Limited カタログ 1Apex Limited カタログ 2
Home へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る