インテリア 1
ダッシュボード ( 2009年1月 )

かなりきれいでしたが,製造後 20 年経ち表面にひび割れが出来ました.
以前より,

  • フロントガラスへの映り込みがかなりあり,見えづらいことがある.
  • フロントスピーカーがダッシュボード下側にあり,斜め下向きに付いているため,どうやっても音の定位が低い位置になる.(純正のフロントスピーカーについてはオーディオ関係を参照のこと)

ことが気になっていたので,少し?手を加えることにしました.
ちょうど92を廃車にする友人がいたため,ダッシュボードをもらってきました.載せ替えに当たっては

  • フロントスピーカーをダッシュボードの上に持ってくる.
  • 空燃比計,排気温計を組み込む.
  • フロントカメラやリヤカメラの画像が見られるようにディスプレイを付ける.
    (ナビは普段使用しないので,ポータブルタイプの物が取り付けられるようにする.)

ということを目標にしました.

助手席側にはスペースがあるので,スピーカーの設置は簡単ですが,運転席側にはスペースが無いだけでなく湾曲も大きいので,平らな面を作る必要があります.3 枚目の写真のように,結局少し飛び出したような形になりましたが,視界は妨げられないようにしました.


空燃比計,排気温計,ディスプレイモニターの設置場所については,ダッシュボード内に入れられないかと考えたのですが,
 
  • メータ類はハンドルで隠れないようにする必要がある.
  • スイッチ類はすぐに手の届く範囲にある必要がある.
  • ダッシュボードの内側を大きく変えるとクリアランスの確認が出来ない.(通勤に使っている車なので,載せ替え時にクリアランスを確認して,工作をすることは時間的に難しい.)

半年ぐらいいろいろ検討して,結局ダッシュボードの上側にカバーを付けて取り付けることにしました.


カバーは PP 製の台所用の水切りカゴから切り出して成形した物です.カバーの中に直接アンテナ一体型の ETC を入れることを思いついたため,アルミパテではなく FRP で成型をしました.左前方の視界を妨げないようにするため,ダッシュボードに穴を開けてなるべく低い位置になるようにしてあります.また,このカバーの部分とダッシュボードの形がスムーズにつながるようにダッシュボード上面の形を修正しました.


ダッシュボードにはアルカンターラ(ALCANTARA®)生地 GLタイプ (色:ダークグレー 購入先) を使用しました. 使用に当たっての著作権の承諾書が同封されていて,送り返すようになっていたのにはビックリしました.

アルカンターラはあまり伸びないので,ダッシュボードの凹凸に合わせて,いくつかのパーツに分け,つなぎ合わせる必要があります.つなぎ合わせた部分にはステッチを入れました.
ダッシュボードの場合はボンドで貼り付けてしまうため必要ないですが,シートの様に動く部分の場合はステッチを縫製するときに,裏側にあて布を一緒に縫い込むことで接合部分の補強をするのだそうです.

通常の家庭用ミシンを使用したため,R のきつい場所は大変でしたが,ミシン作業自体は思ったほど難しくはなかったです. (編み物はしませんが,裁縫は結構得意です.) 型紙を作ってから無駄の無いように生地をカットし,現物あわせで微調整をしながらつなぎ目を合わせました.

メーカー等でステッチをする場合はかなり太い糸を使用して目立たせていますが,家庭用のミシンではあまり太い糸は使えないので,洋裁店で簡単に手に入る厚地用 #30 番の糸を使用しました.


アルカンターラの貼り付けには 3M の「スプレーのり111」 を使用しました.のりを付けると布地を滑らせて位置を調節することが出来ないため,非常に難しいです.一度張り付いてしまった布地の位置を調節する場合は,接着面の隙間にスプレーのりを付けた筆で少しずつ剥がしていくと,めくれてくるので,何とか可能ですが,ベタベタになって大変です.生地の伸びが少ない場合は,凸面にはのりをあまり付けず,凹面と端の部分をしっかり接着する方が良さそうです.

作業時に表面についてしまったのりを取るために,3M の「クリーナー30」があった方が良いです.
※ アルカンターラの貼り付けについての更新情報があります こちらを参照してください.


スピーカーの取り付け板は,設置後に取り外しが出来ないと困るため,フロントガラスに近い前方側は金具でスライドさせて固定できるようにして,座席に近い後方側だけでネジ固定出来るようにしました.
スピーカー取り付け用の板はよく使われる MDF ボードではなく,樺(かば)と桜材を積層した高密度(比重0.7)の樺桜合板を使用しました.

スピーカーのカバーはアルミ製のネットを成形して,側面にアルミ板をパネルボンドで取り付け補強した物です.右側の物はスピーカー取り付け板をそのまま利用して,簡単に成形できますが,左側はダッシュボードの形に合わせて,型を作って成形しました.ベニヤ板の上にいらなくなった雑誌を重ねて型を作りました.
編み目の向きは,紫外線対策で車外からスピーカーが見えにくい向きにしてあります.カバーの固定はマジックテープです.

スピーカーの背面は密閉されているわけではないので,吸音材の入れ方が非常に重要になります.特にスピーカーの近くに冷暖房用のダクトの隙間が残っていると,音がこもってしまいます.使用した吸音材は中高音用のシンサレート購入先)と低音用のカールロックです.また,右スピーカー近くにあるコンソールカバー等のプラスチック部品は,裏側に防振加工を施してあります.

左側のスピーカ脇に見えているのはスピーカー用のネットワークです.現在使用しているスピーカーメーカーの社長さんと顔見知りのため,お勧めのクロスオーバー周波数や,減衰スロープを教えてもらい自作した物です.
安い部品で定数を決定してから,何社かコイル,コンデンサーを聞き比べて,好みの部品を決定しました.現在使用しているのは
 Jantzen カッパーフォイルコイル と Kimber Kap MP コンデンサー
です(購入先).

フロントの中音用スピーカーケーブルには比較的オルタネーターノイズに強い Kimber 4TC を使用していますが,配線の密集した右側のコンソール内ではシールドを使用しないとノイズがのります.
ツィター用の配線は 武藤製作所 Aug-Line PTFE被膜線 です.



載せ替えてみると思ったより色が白っぽく見えます.蛍光灯の下で作業をしているときは大体純正と同じ感じの色だったのですが....光の反射具合でずいぶん見た目が変わるようです.

また,暖かい部屋の中で作業をしていたときはあまり気にならなかったのですが,取り付けて冬場の冷気にさらされると,成形したダッシュボードの凹凸が結構目立つようになりました.成形に使用したウレタンと純正のウレタンの収縮率が違うのが原因のようです.暖かくなって元に戻ることを期待していますが,現時点ではどうするか未定です.

今後は,直射日光による温度上昇や,振動等の影響を確認しながら,微調整をする予定です.また,純正スピーカーの付いているダッシュボード下のパネルを,今回のダッシュボードに合うように改造中です. ( 2009年8月 ) 

ダッシュボード ( 2009年4月 )

センターコンソールのカバーが直射日光によって変形することが判りました.材料の PP が熱で柔らかくなることと,室内側に大きく開いた構造をしていることが原因のようです.(温度が下がれば元に戻ります.)
内部に補強を入れて変形を押さえるように改造しました.

また,リヤカメラも取り付けたので設定車速(8 km/h)以下でフロントカメラ,それ以外はリヤカメラ(通常はパノラマ表示)になるようにしました.ボタン操作でパノラマ表示,左右のコーナー表示等,切替が出来るので,見通しの悪い交差点でも安心です.
(夜中は後続車のライトしか見えませんが....)

ダッシュボード センターコンソールの更新 ( 2010年6月 )

センターコンソール内は予想以上に温度が上がるようで,排気温計が壊れました.

マニュアルを見ると確かに直射日光の当たるダッシュボード上には付けるなと書いてありました....
元々,他のメーターと 2 つ並べて 1/2DIN に収まるタイプの物なので,このような設置方法は考慮していないようです.ただ,このメーターだけオーディオコンソール内に移動しても使い勝手が悪いので,

  • センターコンソール内の温度上昇を抑えるために,排熱用の煙突を付ける.
  • 空燃費計と排気温計の位置を入れ替え,排気温計の温度環境を多少改善する.
  • 50 度を超えるとファンが動作し,強制排熱する.

という対策を施しました.買い直した排気温計は内部回路が大きく変わっていましたが,接続コネクタは同じだったので,壊れていないセンサーや配線部分は以前のまま使用しました.(一部使用する電源配線が変わっていたので,配線の接続は変更が必要でした.)


また,これと同時に,パネルをシルク印刷で作り直しました.以前は,レーザープリンターで印刷したシリコン吸着タイプのシールをアクリル板に貼った物でしたが,温度変化が激しいこの場所では伸び縮みが大きく,アクリル板との間に空気が度々入っていました.

灼熱の 2010 年夏をトラブル無く乗り切れたので,しばらくはこれで様子を見てみます.


ダッシュボード センターコンソールの更新 ( 2013年11月 )

上記のように,センターコンソール内のディスプレイにはフロントカメラ,リヤカメラの映像が映るようにしていましたが,設定車速以上になったときのリヤカメラ映像が役に立たないので,
     設定車速以下: フロントカメラ 
設定車速以上: リヤカメラ  → レーダー探知機画面 
 バック時: リヤカメラ   
に変更しました.
使用したのはナビ画面に表示が出来る ユピテルの Z700Nsd です.指定店専用モデルという物で,通常はお店で取り付けてもらう物のようですが,某オークションに出ていたので自分で取り付けました.(私の車の場合,取り付けてくれといっても無理だと思いますが...)


メーター・計器類

夜中に不便なことが多かったため,デフォッガースイッチをイルミ対応に改造しました.
また,エアコン パネル用のイルミは,ライトを点灯していなくても点いている方が,操作ができて便利なので,IG で点くように変更してあります.電球は LED に交換済みです.

右側のスピーカーをダッシュボード上に持っていくために,フォグランプスイッチの内側にスペースを作る必要があり,フォグランプスイッチをハンドル左脇の元々リヤワイパースイッチがあった場所に移設しました. (リヤワイパーについてはワイパー・ミラー関係を参照.)

92 後期のフォグランプスイッチは特殊な形をしているので,移設先には他の車種の物を流用しました.92 のリヤワイパースイッチと同じタイプのスイッチは,トヨタ車ならサイズが共通なので流用が簡単です.(車種によって角が角張った物と,丸くなっている物があります.) イルミに対応し,フォグランプ使用時に LED が点灯する物を使いました.

元々フォグランプ スイッチがあった場所は,セキュリティ用の LED 表示に使用しました.セキュリティのロゴ表示はデータを作って,曲面にも印刷できるパッド印刷という物で頼みました.


以前より使用していたラムコの油圧,油温計,水温計,電圧計はメーター内に埋め込んだまま,特に変更はありません.


時計は ヴィッツ SPC90 等に使われている電波時計に変更しました.
特に時間がずれるという訳ではなく (92 の時計はほとんどずれません.非常に優秀です.),作業に伴いバッテリーを切り離すことが多いのが交換の理由です.今までは時間あわせをしなくても済むように,必要に応じてオーディオ用のサブバッテリーから一時的に時計にだけ給電できるように,コネクタとダイオードを取り付けて対応していました.しかし,今回の変更でこれも必要なくなり手間が省けます.

最近はナビの GPS 時計に代わってしまい,電波時計は採用されなくなったようです.SPC90 の時計はスピードメーターに組み込まれているので,某オークションにてメーターを手に入れ,時計のユニットだけを取り出して,92 に取り付けるブラケットを作りました.


センターコンソール内部は一番下の写真のようになっています.
モニターやメーター取り付け用のステーはホンダ セイバー用のオーディオステーを加工して流用しました.後々,ポータブルのナビを必要に応じて取り付けられるように,蝶ネジで取り付け金具を止められるようにしてあります.(写真は金具を取り付けた状態です.)

アンテナ一体型の ETC は写真右上にあるようにセンターコンソール上部に設置してあります.PP や FRP で成形したカバーを付けても電波的には透明なので,問題ありません.カバーはドアの内張や内装パネルを止めているクリップで固定しているだけなので,簡単に取り外せます.


また,今回の載せ替えに伴い,空燃比計,排気温計やETCの電源として,IG-L という電源ラインを作りました.これはエンジン回転中にのみ 12 Vの出力が出る電源で,オルタネータの L端子 で IG1 (IG3を増設したことに伴い変更:下記参照)を制御して作っています.必要の無いときに空燃比センサーのヒーターを温めることもなくなるし,エンジンスタート時に ETC が何回も「カードを入れてください」と喋らなくなります.(今回,ETC 用には別にスイッチを付けたので,普段 ETC を使用しないときは喋らないようになっています.

(2016年8月)Update !
これまでは通常通り IG や ACC のラインを使ってきましたが,上記のように後付けのアクセサリー類が多いため,電源系統が分かりにくくなってきました.92 の電源系統は
  AM1 → ST1  :スターター
IG1  :ECU,メーター等
ACC  :オーディオ等
 AM2 → ST2 :グロー,EGR(1Cエンジンのみ)
  IG2  :点火・インジェクター等ノイズの多もの
となっていますが,ここにAM3IG3 を新たにつくって後付け用の電源として利用するようにしました.IG3 は上記 IG-L の電源としても利用するように変更しました.そして,センターコンソールのディスプレイに表示するカメラ関係やレーダー探知機 関係のものはまとめてサブバッテリー系統に変更しました.

サブバッテリーの所にも書きましたが,通常はエンジンを掛けるときに ACC 電源がカットされるため,オーディオやナビ等は電源が1回切れますが,メインバッテリーと分離したことにより,サブバッテリー系統ではこの必要がありません.サブバッテリー系統は,エンジンスタート時にも電源が切れないように回路をリレーで組んであります.

また,オーディオ用のGNDを分離したい場合,アンプやCDユニットのケースを車体 シャーシにそのままネジ止めするとユニットのケースを通して車体につながってしまいます.こういった場合はツバ付きの樹脂ワッシャーを使って,ケースを車体側から浮かせて固定します.


ダッシュボードの下地成形
茶色く変色している部分の純正人工表皮はパリパリに硬化していました.白っぽい所が成形をした部分です.
ダッシュボードの下地


アルカンターラの型紙
アルカンターラの型紙


右側のスピーカー取り付け台
合板の側面にはテロソンの「いきなりサフ」を薄付けパテ代わりに塗って表面を均してあります.右スピーカー取り付け台




ダッシュボード全景

フロントガラス越しに見たダッシュボード


運転先側から見たダッシュボード

助手席側から見たダッシュボード

右スピーカー

左スピーカー











センターコンソール
カメラ用のモニタ,空燃比計,排気温計,ETCが組み込まれています.
センターコンソール
フロントカメラ動作時

センターコンソール を更新
空燃費計と排気温計の位置を入れ替え,パネルをシルク印刷で作り直しました.
更新したセンターコンソール
アクリル板は 日東 クラレックス ノングレア を使用して,裏面印刷をしてあります.
排気温計のスイッチ部分で表に出ているのは φ5 LED の頭の部分だけを利用した物です.点灯はしません.
手前に写っているナビについては こちら を参照してください.



レーダー探知機画面

停車時に設定変更が出来るように,フロントカメラとレーダー探知機画面の切り替えスイッチをつけてあります.



イルミ対応デフォッガースイッチ
イルミ対応デフォッガースイッチ

セキュリティ表示
右スピーカーとセキュリティ表示

電波時計
電波時計

センターコンソール内部とナビ取り付け用の金具
センターコンソール内部とナビ取り付け用の金具
Home へ戻る
上の Index へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る
トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」