パッシング
AE92トレノのパッシングはヘッドライトのHiビームを利用しているため,リトラが閉じていると,開くまでの時間がタイムラグとなり,ワンテンポ遅れます.そこで普段あまり使わないフォグランプ(後期モデルには標準装備)を利用して,

リトラ ヘッドライト 車幅灯 フォグ パッシング
閉&開 消灯 消灯 消灯 フォグ
閉&開 消灯 点灯 消灯 フォグ
閉&開 消灯 点灯 点灯 Hiビーム
点灯 点灯 消灯 Hiビーム
点灯 点灯 点灯 Hiビーム

となるように改造しました.要するに,ヘッドライトが付いていない時のパッシングはフォグを利用し,フォグランプ使用中はノーマル動作になるということです.

ライト関係は比較的大きな電流が流れますので,いろいろ考えた結果リレーのシーケンスだけで下図のような回路を作りました.ピンク色の破線内部が作った回路で,ディマーSWのHiビームとFLASH,FOG Lampの配線は切断して間に挿入します.

気になるのは車検ですが,パッシングについては特に法的な規定はないそうで,個々のライトが規定に合っていれば問題ないとのことです.実際に何の問題もなく車検に通っています.

          パッシング回路図
Home へ戻る
上の Index へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る
トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」