灯火関係・その他
LED について

LED 交換する場合の明るさの目安としては

元のランプ 同じくらいの明るさのLED
メーター関係の小さなランプ チップLEDで問題ない
5W ランプ Flux LED 数個
または チップLED 5〜6個
21W ランプ 5W くらいのLED
または Flux LED 10個以上

といった感じですが,LED は光の範囲が狭いので配光に注意する必要があります.


メーター関係のランプは,たいてい白く見せるために青いキャップを被っています.白の LED でそのまま置き換えてすむ場合もありますが,メーターパネル裏や導光板自体に青い色が付いている場合もあります.この場合,白の LED に置き換えると青白い色になってしまいます.

全部が同じように青白いなら気になりませんが,場所によって違うと目に付いてしまいます.
電球色の LED でうまくいく場合もありますが,場合によりけりです.

裏側の青い塗装がとれる場合もあり,そのときは光を拡散するように白いフィルターに置き換えます.塗装がとれない場合は,赤や黄色,オレンジといったフィルターを間に入れるとかなり改善されます.色は場所によって調整する必要がありますが,気にならない程度にはなります.

フィルターには書類を挟むクリアホルダー(PP 製)が安くて,いろいろな色があるので便利です.


通常,燃料警告灯やハイビームインジケータは LED 化出来ません.ハイビームインジケータの方はヘッドランプを HID に交換してあると,場合によっては可能です.







スイッチのイルミネーション等に使われる小さなランプの LED 化
プリント基板の側面にチップ LED を取り付けて,チップ抵抗で電流値を合わせています.チップ抵抗のところの銅箔はカッターで傷を付けてハンダゴテで擦れば簡単に剥がれます.
スイッチのイルミネーション等に使用されているランプのLED化


エアコン パネル用 インジケーターランプ

12V 1.7W というカー用品店では売っていないザイズで,純正品番は 81850-12220 : 260円 です.
こういった物は切れたときに LED 化してしまう方が面倒が少なくなります.
 
サイドウインカー内の水滴

サイドウインカー裏のパッキンが正常でも,内部に水滴が付くことがありました.いろいろ調べてみるとランプユニット裏側のコネクタ部分(黄色い矢印の部分:防水ではない)から,毛細管現象で配線を通して水分が進入していることが分かりました.


新しければコネクタの圧着部分にハンダを流せば済みますが,古い車ではコネクタだけでなく配線表面も非常に酸化が進んでいるため,ハンダがきれいに流れません.
仕方がないので,電気絶縁用のグリース(WAKO'S のブレーキプロテクター等)を流し込みました.コネクタ表面にゴミが付着して汚くなりますが,水滴は付かなくなりました.

サイドウインカー
サイドウインカーサイドウインカー裏側
フット ランプ

ウイッシュ ZNE10G 用 の 純正 フットライト( 08527-68020 ) を流用した物です.

ドアを開けると点灯.ドアを閉めると数秒後に消灯.ですが,
 イグニッションが ON の時はつねに点灯.
 ライトを点けると消灯.
という動作でした.

そう消費電力の多い物ではありませんが,昼間 運転中にずーと点きっぱなしなのは,ちょっと....
ということで,

 CdSセル を利用して明るいときは消灯.暗くなってくると点灯.
 ランプを 白色LED に交換.

として使っています.
CdSセル はちょっとした日陰に入っただけで反応すると うっとうしいので,ハンドルのところ ワイパー スイッチの付け根に取り付けました.
ある程度暗くなったら,フットライト が点灯するため,ヘッドライトやスモールライトを点けるタイミングの目安にもなります.

フット ランプ 点灯時
フットライト 点灯時
ドア オープナー 照明

室内からドアを開けるオープナーにLEDの照明を付けました.
ドアロックの隙間からLEDの光が漏れるような形で設置してあります.

配線は↑の フット ランプ から分岐しただけなので,ドア内部に配線を通しただけで済みました.

ドアに行くゴムのジャバラ内に配線を通すときは,

  • 足もと脇にあるコネクタから ドア内部に行くコード を外して,ドアの方向にジャバラごと引き抜く.
  • ドア内部のビニールシート下側を外して,ゴムのジャバラをドア内部方向に押し込み,コネクタ部分まで内部に入れる.このときドア内側でコードを固定しているクリップ(配線入り口脇にある)を外しておく.
  • ビニールシートの中から配線を引っ張り出す.
  • ゴムのジャバラ部分はコードの上を移動させることができるので,ジャバラをドア側にずらし,通したい配線を既存のコード上(なるべくドア側)にテープで固定する.
  • ジャバラ部分をコネクタ側にずらすと,↑のテープで固定したコードがでてくるので,テープを外して必要な長さの配線を引き込む.
  • ジャバラ部分を元通りにはめ,足もと脇のコネクタを接続する.新しく通した配線もこのコネクタと一緒に取り外しが出来るようにコネクタを付けておく.

というような工程です.この場所はワイヤーを通して引き込むような作業が必要ないので,簡単に作業が出来ます. 

ドアオープナー照明
ドアオープナー照明
Home へ戻る
上の Index へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る
トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」