足回り
足回りはショックアブソーバー,スプリング,ブッシュ,スタビライザーに至るまで全てTRDになっています.基本的に街乗りなので,しっかりしたボディに,しなやかな足回りというコンセプトになっています.アライメントはTRDの設定値にしてあります.

純正のままでは調整の出来ないキャンバーは

キャンバー調節用ボルト

調節部分の
ネジの外径
トヨタ品番 調節範囲
φ13.9 90105-15004 ±15分
φ13.3 90105-15005 ±30分
φ12.4 90105-15006 ±45分

を利用して合わせてあります.


フロント ロア アーム バーはクスコの物で,リヤはAE111用のリヤ サスペンション アーム ワッシャー No.2(48715-12010 :1180円 )をリヤ サスペンション アームの 前側に付けています ( 少し干渉するので,M12 のワッシャーが必要になります).リヤは安いわりに効果があるのでお勧めです.


ホイール (2009年5月)

ホイールはスパルコの NS-2 で 15×6.5JJ オフセット +32 で,タイヤサイズは195/50/15です.

使用して 13 年経つため,塗装に細かいひび割れが出来てきましたが,ホイール自体は気に入っているため,タイヤ交換に合わせて塗り直しを行いました.

ほぼ毎日使用している車のため,まず予備のホイールを 2 本用意して塗装,2 本交換して,今まで使用していた 2 本を塗装,というように 2 本ずつ塗装して交換しました.
塗料はカー用品店で売っているアクリルスプレーだと剥がれやすいため,ウレタン塗料(購入先)を使用しました.ただし,高温焼き付け等,大がかりな設備が必要のないものです.


塗り替えに当たって,ホイールのディスク面は,凹凸が多く,光の反射が多様になるので,パールを入れてみることにしました.ローターのベルハウジングの黄色に合わせて,イエローパールです.
ただし,全面同じ色だと,ホイールがのぺーっとした感じに見えるので,アウターリムの部分はアルミの色を残し,クリア塗装としました.

アウターリムのみアルミの色を残す場合,通常は全体を塗装した後にアウターリムの部分のみ表面を薄く削ってアルミ面を出し,最後に全体をクリア塗装するのですが,これを頼むとこれだけで,
〜2 万円 / 1 本 するため,今回はテーピングで済ませました.
また,アウターリムのテーピングついでに,インナーリムやボルト取り付けの穴もテーピングして,黒に塗ることにしました.陰になる部分の明暗がハッキリするため,全体的にシャープに見えるようになります.

古い塗装を落とすのにはサンドブラストが簡単ですが,物が大きいことと,今回はアウターリムをそのまま使用するので,傷を付けたくなかったため,剥離剤を使用しました.今回使用した剥離剤は ネオリバー #160 です.粘度が高く乾燥しにくいため,多層塗膜でも作業しやすかったです.また,アルミの変色等もありませんでした.


ホイール センター キャップ (2008年7月)

スパルコのホイール センター キャップ は鉄製で,たいてい塗装が剥がれ錆が出ています.錆が見えているとボロく見えるので,この部分はアルミに黒のアルマイト加工で作り直してあります.

ネジとボルトのところのみで,内側の押さえの部分は加工してそのまま使用しています.錆対策がメインなので,特に軽量化を期待したものではありませんが,1 個あたり 210g → 150g でした.


エアバルブ

タイヤ交換時に一緒に交換することの多いエアバルブは,純正ホイール用のゴムのスナップインバルブなら値段も安いですが,アルミ製のエアバルブだと結構値段が張ります.
以前はゴムパッキンからのエア漏れを考えて,毎回交換していましたが,今はエアバルブ本体が余程汚かったり,壊れていなければ,ゴムパッキンとバルブコアだけの交換で済ませています.

ホイールの種類やエアバルブの形によってゴムパッキンは何種類もあるので,自分の使用している物に合う物を予め確かめておかないといけませんが,これだと 500 円程度で済みます.


タイヤ空気圧

月に1回くらいは空気圧を調整しています.
特に春から夏,秋から冬にかけては気温の変化が大きいので,マメに調整しています.
 春から夏 : 空気を抜く方向なので簡単.
 秋から冬 : 空気を入れる方向なので面倒.

車用の空気圧計はガソリンスタンドを含め,そんなに精度がよい物ではないので,
表示される値が 2 〜 3 割 違っていることもあります.いつも自分が使用している物を基準にして調整をした方が良いです.
ディーラーや,ガソリンスタンド任せでも構いませんが,このような理由で,決まったところで調整をした方が,乗り心地の変動が少ないと思います.

自分で調整する場合,普段 通勤で気温の低い朝夕のみ運転していて,週末の昼間に空気圧を調整するようなときは,空気圧を多少高めにする等の微調整もできます.


窒素ガスにすると,

  • 空気圧減少率が空気よりも少ない.
  • 水分が混入しないため,温度変化による圧力変化が小さくなる.

というようなメリットがあるようですが,

  • 調整間隔が1ヶ月→2ヶ月
  • 水分による圧力変化が加わったとしても,通常分からない.
     ←シューマッハ クラスになると判るかもしれない.

なので,費用対効果はあまり良くないと思います.











リヤ ロア アームバー
リア ロア アームバー



塗装したホイール
ホイール全景
ホイール アップ

ホイール センター キャップ
ホイール センター キャップ







参考:TIP TOP
  「バルブ・バルブ関連用品」
購入先←ほぼモノタロウと同じ)






タイヤ空気圧について 参考:
1 ヨコハマ タイヤ
 標高と空気圧の説明のところで,標高と気温の関係について触れられていませんが,通常100mにつき0.5度気温が低下します.つまり,多少気圧の変化を打ち消す方向に働きます.
2 ブリジストン
 窒素ガスについての説明.


常時コンプレッサーが使えるなら簡単ですが,ちょっと使うだけならBOSCH のバッテリー エアポンプ が便利です.ただし,廃盤になってしまったようです.
Home へ戻る
上の Index へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る
トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」