トレノの現状 DIY 工具や材料について リンク 更新履歴
AE92トレノ Home へ戻る : トレノはスペイン語で「雷鳴」
ブレーキ
ブレーキローターが薄くなってきて交換時期になったことと,以前からもう少し効きをよくしたいと思っていたため,大幅に見直すことにしました.

FDのキャリパーを移植,SS WORKS のキット(R32TypeM流用)を利用するなどが有名なところですが,15 inch のホイールに入る物でキャリパーが非常に軽いと言うことで,Wilwoodの物を使うことにしました.

キャリパーの購入とキャリパーサポート,ベルハウジングの作成などは鈴鹿にあるカーケアオフィスさんに頼みました.AE86やAE111, EP82用など既にいろいろなラインナップがあったため,AE92用もショップ側で快く対応してもらえました.
ただ,今回はリヤも含めてということと,ローターもこちらで指定した物を使用してベルハウジングを作成してもらったため,特注になっています.

フロント
 Wilwood 4Pot Brake : Billet Powerlite Caliper
 Wilwood SRP Drilled Performance Roter : 11 inch (φ279.4mm)
 Wilwood Pad : BP-10 Smart Pad

リヤ
リヤディスクブレーキがパーキングブレーキを兼ねているため,キャリパーを交換するとなるとナックル側を含め大幅な見直しが必要になり大変なので,キャリパーサポートを作成し,口径の大きなローターが使えるようにしました.

 Wilwood Steel Rotor (Drilled) : 10.75 inch (φ273.1mm)
 Project μ Pad : HC

また,キャリパーサポート構造をできるだけ簡単にしたかったことと,リヤのトレッドをすこし広げたかった為,キャリパーサポートの厚さ(10mm)分キャリパーを外側にずらし,ローター側はベルハウジングの内側にスペーサーを入れて対応することにしました.ハブボルトは少し長いものに交換してあります.

 純正ハブボルト 90942-02047 210円 全長41mm 前後とも同じ
 長いハブボルト 90942-02070 220円 全長48mm


フロント側はショップ側で対応してもらえたので,特に問題なく注文しただけですが,リヤ側は寸法を計測して最終的に右下図面のようなサポートを作りました.パーキングブレーキワイヤーの取り回しとの兼ね合いで,かなりそぎ落とした設計になっていますが,それでも,リヤキャリパーやナックル側に多少の加工が必要でした.

パーキングブレーキワイヤーは純正の物をそのまま利用していますが,長さを稼ぐために取り回しの位置を多少ずらし対応しています.


設計から完成まで半年近くかかりましたが,

  • フロントキャリパーとフロントローターとあわせて片側約3.1kg軽い.
  • フロントキャリパー内のフルード量が非常に少ないので,ブレーキマスターシリンダーの容量を見直しする必要がない.純正の時よりも少ない踏み込み量でフロントブレーキが効き始め,踏み込むに従ってリヤブレーキが付いてくる感じ.また,フルード量が少ないためエア抜きが簡単.
  • BP-10 Smart Padはブレーキダストも少なく鳴かない.効きがリニアで,コントロールしやすい.

等 非常にうまくいきました.

写真に写っているフロントブレーキ冷却用の導風ダクトは,ZZR1100 D型(バイク)のインテークダクトから切り出して作成した物で,材質はPPです.ローター自体の温度が5〜600度になっても,走行していて風が当たっていれば問題なく使用できます.
冷却風はローター側面に直接当てるのではなく,ハブセンターに導いてローターの内側からベンチレーテッド部分を通って外側に抜けるようになっています.

リヤブレーキはベンチレーテッド・ディスクではないため,冷却用のダクトは側面に風を導く簡単なパイプになっています.リヤのダクトは排気のページにあるマフラーハンガーの写真に写っています.

ブレーキホースやホースの中間クランプは Swage の物です.中間クランプはしっかり固定できるので,新しい車検基準でも問題ありませんでした.

ローターのバックプレートは多少加工が必要ですが,101や111のスーパーストラット用がサイズ的にちょうど良いです.

また,3枚目の写真でタイヤの前に写っているフェンダー ブレース(フロントホイール オープニング エクステンション パッド)はアルテッツァ用の物で RH:53851-30020 LH:53852-30020 (480円)です.


スペア タイヤについて

参考までにタイヤサイズは195/50/15で,
ホイールはスパルコの NS-2 で 15×6.5JJ オフセット +32 です.

ローターが大きくなったため,純正のスペアタイヤは入りません.

 AE92後期APEXの純正タイヤ : 185/60/14
 AE92後期APEXの純正スペアタイヤ : 115/70/D14 14×4T

となっていますが,現在トランクに積んでいるのは

AE111 スーパーストラット用のスペアタイヤで 125/70/D16 16×4T です.AE92純正のスペアタイヤに比べてタイヤの外径が大きくなっていますが,

 (AE92純正スペアタイヤ外径) / (使用中のタイヤ外径) の比率より
 (AE111 SS用スペアタイヤ外径) / (使用中のタイヤ外径) の比率の方が1に近いため,問題はないと思います.


最後に蛇足ですが,車検も特に問題ありません.
フロント ブレーキ
フロントブレーキ
フロントブレーキ:下側の四角い物は冷却ダクトフロントブレーキ冷却ダクトの位置関係タイヤをつけた状態でのフロントブレーキ
リヤ ブレーキ
リヤブレーキ
リヤブレーキ裏側:サポートを取り付け状態リヤブレーキ キャリパーサポート図面
Home へ戻る
上の Index へ戻る
ページのトップへ戻る
次のトピックスへ進む
前に戻る